■荒川豊蔵

荒川 豊藏(あらかわ とよぞう)は、昭和を代表する美濃焼の陶芸家です。岐阜県多治見市出身で桃山時代の志野に陶芸の原点を求め、古志野の筍絵陶片を発見した可児市久々利にある牟田洞古窯跡のある大萱に桃山時代の古窯を模した半地上式穴窯を築き、古志野の再現を目指して作陶を重ねました。終には「荒川志野」と呼ばれる独自の境地を確立しました。斗出庵、無田陶人と号します。
荒川豊蔵
作風は桃山期の志野を再現するだけではなく独自の技法を付加しています。たとえば鉄分の多い土と匣鉢(さや)を使って全体を緋色に発色させた志野茶碗は豊蔵志野と呼ばれました。または黒一色が定番である瀬戸黒に金彩で木の葉を施したものなど。これら一連の作品群は、古陶の再現にとどまらず荒川豊蔵らしさを随所に散りばめています。
その後は信楽・唐津・有田・備前・萩・丹波など名産地を巡り、各地の土と窯で作品を焼いています。有田の今右衛門窯、萩の三輪窯などをはじめ著名な陶芸家の窯で作陶しています。
また精力的に作陶する中で川合玉堂(かわい ぎょくどう)、前田青邨(まえだ せいそん)ら日本画壇における巨匠との合作も作られました。

 

◎作品紹介

「志野筍絵茶碗 銘 随縁」「瀬戸黒金彩木葉文茶碗」「紅白梅図茶碗」など。


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00