■遺品整理とは、故人が使っていた品々を遺品とし、それらを慎重に整理することをいいます。
故人の部屋では、今でも使えそうな古道具や形見として取っておきたいもの、
捨てたほうが良いなど色々なものが残されている場合が多いです。

処分の方法は一般的に、遺品整理業者や回収業者に依頼し、処分されるケースが多いです。
業者に引取を依頼した場合、一軒家(3LDK)の遺品を処分した場合の料金相場は、
15万~50万円ぐらいの費用が掛かりご遺族様の負担となります。
「玄燈舎」では遺品の中から価値のある古道具や骨董品や着物、古材、建築材料、古本・古書、古いおもちゃ、
レコードなどを探し出し、丁寧に査定させていただき、ご納得いただける買取金額をご提示致します。
買い取らせていただいた金額を処分費に充てていただくことで費用負担を軽減できたらと考えております。
また、故人様が大切にしていた品を必要としている人へ橋渡しのお手伝いになればと思っております。

遺品の回収業者に引取りを依頼する前に是非「玄燈舎」へご連絡下さい。
幅広いジャンルでより多くの古道具や遺品を買い取らせていただきます。

◎故人が大事にしていた遺品を少しでも高く売る方法…

①価値ある品を見極められる業者に遺品を売却する
遺品整理業者でも遺品買取を行っていることもありますが、専門的に判断できるわけではないので
低い買取価格を示してきます。また、買い取れる品も限られているので価値ある品々も
見逃される可能性があります。

②価値のないものにしか見えなくても捨てずに取っておく
いかにも価値のないものにしか見えないものでも、いざプロの目からしてみると高額査定になる場合もあります。
ボロボロで汚れていても捨てずに残しておいてください。