◎今まで古道具の買取で一番ハッピーだったこと…
私はこの業界に入って約13年、いろいろと古道具、骨董品や古家具など
数えきれないくらいに買取をしてきましたがその中でも一番のハッピーな
仕入れと言えばやはり「ギター」です。
古道具のギターと言えば玄が切れているとかネックが反っている、ボディーが割れている…
などなどちーおうな雰囲気がプンプンのガラクタが多い中、10年くらい前の買取の中に
なんとギブソンES175というギターが入っておりました。
それはギター好きな人がヨダレノデル程欲しがるモノでしてそんな逸品が古道具や家具の中に
入っていました。もちろん今までの古道具買取りの中で一番の高値を付けたのは
言うまでもありません。そのギターが手元に来た時の喜び、感動は今でも覚えております。
1952年製のまさしくビンテージ物。さすがに調整や修理が必要な古道具ではありましたが
好きこそものの上手なれ…という事ですべて自分で直しました。
出る音は素晴らしく枯れた音ですが艶っぽい音も出て本当に天まで上る気持ちでした。
今は手元にはありませんが本当に良い思い出や感動を与えてくれた古道具でした。
この感動を忘れずに毎日、古道具や骨董の買取り、仕入れに励みたいと思います。