◎最近の古道具買取で後悔したこと…
それはとある夏の暑い日でした。福岡市のとある解体中の民家でした。
其のお家は長い間、誰も住んでいないようで少しうす暗い雰囲気でしたが
窓を全開にして早速、サルベージです。
1階には古い家具が結構あり本棚、水屋、勉強机など昭和30年代のモノが残っておりました。
その古道具を車に積み込みまして次に2階です。
そこにはエレキギターやレコードなど前の住人はバンドマン?と言ったところ。
その隣の部屋には昔懐かしいキャラクター人形やミニカーなどの古道具がありました。
それを車に積み込み他にはないかと家中見回してもこれ以上は出てきそうもないので
福岡を後にしました。家に帰り買取品をチェック。すると一番の買取品のギターがありません。
そうです、現地に忘れてきました。即、福岡市に戻りましたがすでに家と共に壊されて
跡形もありませんでした。最後の詰めが甘い自分にほとほと愛想が尽きました。反省。