◎戦前の古道具について…
この商売を始めて約13年になりますが古道具や骨董品を沢山買取しました。
その中で大正期~昭和7年ころまでの古道具や週刊誌、漫画、娯楽、広告、ファッション等の
文化的なモノには現代には絶対に出せない「オーラ」があると思います。
ポスターや看板などの広告関係はその代表的な道具です。
心ときめくような書体や右からの文字、それに天然色系のカラーリングには
アドレナリンが放出します。
絵葉書にも写真の上からなぞったような色使いや女性の顔はモボモガの時代背景が
鮮明に映し出されています。特に「夢二」の挿絵や版画にはモダニズムのなオーラが
表されている様に思われます。
しかし昭和7年あたりから戦争色が強くなり規制され始めて文化、風俗の自由度がうすくなると
独特の色気、遊び心がなくなったように感じます。
特に昭和12年~20年にかけては仕方がありませんが悲しいくらいに艶のある芸術や文化は無くなりました。
そんなかんなで私は大正期から昭和初期までの古道具が大好きですがなかなかお目にかかりません。
もしお家の片隅にその時代の古道具が残っていましたら「玄燈舎」にお電話ください。
出張買取致しますのでよろしくお願いいたします。