最近よく集まるのは昭和レトロな琺瑯看板や戦前の木製看板です。
今度も戦前の木製看板が手に入りました。
出張買取場所は福岡市南区のコレクターのお家です。
部屋に案内されると不二家ミルキーの看板やつちやタビの看板、ボンカレーや
カルピスの看板がありそのなかで一番古い木製看板を見つけました。
「森下仁丹」のかんばんです。明治38年から現在まで販売されているレトロなロングセラーです。
明治から大正、昭和を通して数少ない商品中の一つですね。
とても良い状態でしたので頑張って買取致しました。有難うございました。
このお宅は古い家具や古物も沢山ありレトロでほのぼのとした品物が多いお宅でした。
福岡太宰府の玄燈舎では古い看板の他にも昭和の物や家具、アンティーク,骨董を買取致します。
出張無料買取り&査定致しますので。ご遠慮なくご相談下さい。
050-3569-2100 受付年中無休8:00~20:00