ページ看板

 

電話

★電話番号を押すと発信できます。

■古い切手や古銭が沢山あるので見に来てほしいとの事で福岡市中央区へ骨董品の出張買取に
伺いました。依頼された切手を拝見すると中国の古い切手が殆どです。
赤猿や蝶の切手、毛沢東のシートなど多数ありました。
状態はあまり良くありませんでしたのでまとめて買取致しました。
状態が良ければ高額な切手ですのでご自宅に眠っていましたら大事に保管しておいて下さい。
特に毛沢東の時代の切手シートは侮れません。この他には着物やアンティーク、焼物や書道具、茶道具なども数点、
お孫さんが遊んでいた超合金のロボットなどのレトロな玩具も譲って頂きました。ありがとうございました。

時計
久しぶりに福岡市内に骨董買取に出かけました。南区のとあるお宅よりお電話があり
部屋を片付けていたら古い物がどんどん出てきたので査定してほしいとのことです。
お邪魔すると昭和の掛け時計や真空管ラジオ、蓄音機やレコード、
造りかけの古いプラモデル、ミニカーやエレキギターなどあるある…
直ぐに車一杯になりました。その中で一番のお宝は写真のセイコー社製目覚まし時計です。
とても程度がよかったですが現在のところは動きません。一度全部バラして注油、その後、各ギアー
の調整や点検中です。これが仕上がればとても良いアンティークになります。その他の骨董品は
着物や帯止め、掛軸に鉄瓶など10点ほど譲って頂きました。ありがとうございました。

風鎮
昨日、福岡県春日市で骨董の主張査定に伺いました。
こちらのお宅からは掛軸が沢山あるので査定してとのご依頼でお邪魔しました。
掛軸は骨董ではなく最近の民芸品が多く殆ど買取できませんでしたが掛軸の重りとしての
風鎮が沢山ありましたので譲って頂きました。この風鎮には焼物が多く、伊万里焼や九谷焼、
薩摩焼など他にも金属製の物もあり楽しめる逸品です。
写真は九谷焼でとても上質な物でした。ありがとうございました。

バスケット
太宰府の山のふもとのお宅よりお電話があり今から家を解体するので古い物を引き取ってください。
とのことで大急ぎで伺いました。瓦屋根を落としている最中でしたのでヘルメットをかぶり家の中へと
入ると古い物がそのまま残っています。皮トランクやレトロな椅子、アンティーク時計に真空管ラジオそして写真の
バスケット…これは大正期の物です。他には着物や骨董の焼物、掛軸や玩具、レコード、茶道具、書道具に
油絵、写真や絵葉書など戦前の物がそのままありました。ブリキのおもちゃも段ボール3箱出てきました。
お宝の宝庫でした。ありがとうございました。

古い物
今回、ご依頼を受け骨董出張買取に出かけた場所は筑紫野市の温泉街。
古くからある旅館で現在は営業していないようですが戦前からある建物なので
とても古い物があるらしいとお電話いただきました。
お邪魔して家の中を見ると古い掛軸や昔の公衆電話やポスター、戦前の置物や食器などが沢山あります。
そのなかで目を良いのは写真の置物?です。用途も不明で器でも硯でもなさそうです。
家主に聞いても判りません。材質は練物で細工もとても細かく上質の物です。
骨董品や古美術品にはこのように判らない昔のモノも良く出会います。
他にも大正時代の古い着物や書、古いアルバム写真帖も譲って頂きました。ありがとうございました。

企業物
今回の出張買取では福岡市東区の元薬局に伺いました。
ココは問屋さんからいただく企業物の貯金箱はノベルティーグッズが数多く買取できました。
写真のサトちゃん、ペコちゃん、ニッパー君やピョンちゃん、ケロちゃんなど一杯箱入りでありました。
骨董品も鉄瓶や掛軸、古書などの資料や古い地図なども譲って頂きました。ありがとうございます。

古銭
古銭には寛永通宝のような穴銭と呼ばれるものや銀でできている古銭、金でできている
大判や小判など色々とありますが今回、博多区で骨董の出張買取依頼を受け譲って頂いたのは
とても古い銀製の古銭です。とても貴重な古銭で古美術的な価値のある物の様です。
古銭の他にも古い切手や着物、戦前の写真帖や福岡の戦前資料、写真など段ボール10箱の買取になりました。
ありがとうございました。

古い茶器
写真の茶器は古い中国の朱泥煎茶器です。
これは福岡市西区に骨董品の出張買取に出かけた際、譲って頂いた煎茶器です。
裏に陶印はありますが擦れて読めません。しかしながら作りも綺麗で本体に書かれてある漢字も
繊細に彫られております。
ちなみに朱泥とは中国、江蘇省の宜興窯に産する赤褐色の炻器(せつき)質の焼き物。無釉(むゆう)の急須(きゆうす)などが多い。日本では、愛知県常滑(とこなめ)・岡山県伊部(いんべ)・三重県四日市などで産する
このお宅からは他にも着物やアンティーク、時計や油絵、レトロな家具も
譲って頂き感謝しております。ありがとうございます。

書道具
この度の骨董品査定では福岡市城南区に出張いたしました。
趣味で書道を習っていたご主人からのご依頼です。
写真の硯の他には未使用の墨や筆、他には和紙、などがあり茶道具や華道の道具も譲って頂きました。
子の硯は「硯田子孫耕」と刻印があります。
古美術品ではなく普段使いの物だと思われます。
家そのものも古く普通にレトロな掛け時計やアンティークのラジオ、照明などもありました。
戦前御文献や古書も数冊あり買取致しました。ありがとうございました。

柿右衛門
今回の骨董出超買取では数々の焼物ができました。源右衛門や今右衛門、鍋島、伊万里焼、唐津焼など
その中でも「柿右衛門」の器が10点程ありました。綺麗な白磁の器です。柿右衛門と言えば色絵が有名ですが白磁のもシンプルで
切り絵ですね。下は酒井田柿右衛門について書いています。
「肥前有田の陶工で,江戸前期から今日まで,14代にわたって独特の色絵磁器を焼く。初代柿右衛門(生没年不詳)は,正保(1644‐48)ころ,明の五彩磁の技法を日本ではじめて完成したといわれている。酒井田家は有田皿山の中心部から離れた南川原(なんがわら)山に窯を築き,伊万里焼とは性質を異にする上質の色絵磁器を焼成した。濁手(にごしで),乳白手などといわれる純白の白磁に,赤,青,青緑,黄,紫などの色絵具を用いて花鳥人物文などを描いた色絵磁器(赤絵)は,柿右衛門様式として知られています」
他には着物や、古書、レコードも買取できました。ありがとうございました。

尚、玄燈舎では骨董や着物、茶道具 書道具レトロな家具やオモチャ、古本、楽器、コレクション品、切手や
昭和の古い物など出張買取致します。福岡市城南区で骨董やアンティーク、着物をお売りになる時は是非、福岡太宰府の玄燈舎へご連絡ください。

はじめてのお客様

入口
ホームページの入り口はコチラ

電話

*上の電話番号を押すと電話がかかります。

★わからない事や聞きたい事などなんでも気軽に下の「LINE」からでも問い合わせできます。
勿論、売りたい物もコチラから写真査定できます。(24時間OKです!)

友だち追加

①まずはクリックして「友達追加」もしくはQRコードで追加ボタンをタップして「玄燈舎」を友だち追加してください。
②次に聞きたい事や質問、写真など送って下さい。折り返しお返事致します。(少しお時間頂く場合があります)