先日は骨董品の出張査定でお邪魔しました福岡市のお宅でとても大きな古い瓢箪を買取りました。
もともと末広がりの形をしたひょうたんは、古来よりとても縁起の良いものとされ、
除災招福のお守りや魔除けとして広く用いられてきました。
3つ揃えば三拍(瓢)子揃って縁起がよい。 6つ揃った「六瓢箪」」は、無病(六瓢)
息災のお守りになるとされます。

瓢箪買取ります
ココ地元の大宰府天満宮では、本殿前にひょうたん形の門が据えられ「ひょうたん祭り」が行われます。
ここでは、古くより天神さんの梅の木の下でひょうたん酒を酌み交わすと厄を免れると言われ、
厄除け祈願に大勢の参拝者が訪れます。
厄除祈願を受けられると御札とお神酒と厄除け瓢箪を授けられます。
この瓢箪に願い事を書いた紙を入れ、自宅の神棚にお祀りし、難が降りかからないようにお祈りします。
厄が晴れた時に、改めてお礼のお参りをし、厄晴れ瓢箪を本殿裏のひょうたん掛所に納めるそうです。
瓢箪は世界最古の栽培植物の一つで、原産地のアフリカから日本には9,600年前にもたらされ、
さらにアメリカ大陸へも1万年をさかのぼって伝播しています。人が海洋を通り移住するには
飲料水の確保が最も重要である為、史前その役目をはたしたのが、人類の原器と言えるヒョウタンで、
古代の海洋民族の島々ポリネシアにも色濃くその文化が残されているようですね。
私ども骨董の世界でも根付や置物、酒徳利など古美術品としても貴重な物ですが
昔からの使用方法とは薬入れ、調味料入れ、縁起物など色々と使い道があります。
デザインも可愛いですので洋服の裏地やハンカチなどの小物にも使用されています。

★尚、玄燈舎では骨董や着物、茶道具 書道具レトロな家具やオモチャ、古本、楽器、コレクション品、切手や
昭和の古い物など出張買取致します。骨董やアンティーク、着物をお売りになる時は是非、福岡太宰府の玄燈舎へご連絡ください。

はじめてのお客様

入口
ホームページの入り口はコチラ

電話

*上の電話番号を押すと電話がかかります。

★わからない事や聞きたい事などなんでも気軽に下の「LINE」からでも問い合わせできます。
勿論、売りたい物もコチラから写真査定できます。(24時間OKです!)

友だち追加

①まずはクリックして「友達追加」もしくはQRコードで追加ボタンをタップして「玄燈舎」を友だち追加してください。
②次に聞きたい事や質問、写真など送って下さい。折り返しお返事致します。(少しお時間頂く場合があります)

〒818-0101 福岡県大宰府市観世音寺1-19-25-2F
骨董買取の福岡玄燈舎 050-3569-2100