昨日は福岡市早良区で骨董品の買取依頼を受け太宰府より出張で査定に伺いました。
こちらのお宅では先代より譲り受けた掛軸や焼物、古写真や書道の硯など多数のお品がありました。
一つ一つ先代が本当に大切にされていたことを受けこちらも時間をかけ見てゆきました。茶道具も室町時代や
江戸期のものもちらほらありましたので古い物大好きな私にとってとってもワクワクした買取になりました。
すべてに共箱付で状態も良く相場以上の買取額を付けることができました。その中でも写真の銅の置物はとても珍しい
物でした。

銅の置物

時代も明治のものですが状態も良く凹みも見られません。箱も古く当時の物だと思われます。
考課査定の基準はやはり状態が良いことです。このお品も古い割にはしっかりとした古美術品で保管場所も気を付けられていて様で室内の湿気が少ないところに収められていたことも要因の一つでした。このような銅や錫のポイントは凹みがあるかどうかと錆や変色の有無です。少々の傷や汚れは骨董品なので問題はありませんが箱も一つのポイントです。
それと入手経路や在銘も大切な査定基準です。これらを総合して評価や価格,価値などを見出しますので大事なことです。
特に金工師の物は彫刻や象嵌なども見られますのでむやみに磨いたり擦ったりすると査定額が減る場合がありますので
そのままの状態で見せて頂くとありがたいです。
骨董品買取の福岡玄燈舎では無料で出張査定&買取に伺いますのでお気軽にお電話ください。
受付年中無休 電話050-3569-2100