■フランス製の食器買取りました…「ジアンGIEN」はフランスの代表的な陶磁器メーカーで今回、福岡市内のアンティークコレクターからの依頼で骨董品査定と買取をお受けいたしました。買取しましたのは写真の濃いブルーとても綺麗なプレートです。他にもカップやソーサー、ポットなどもセットでありました。花柄と七宝のような色使いが特徴の大人のアンティークですね。当時購入した価格も現在の評価や査定価格も高いお品です。

フランス食器買取ります

「ジアン」は地名でもあり、知る人ぞ知るフランスの高級食器メーカーの名前でもあります。日本では美術館のミュージアムショップなどで見かけますし、フランスではサミットの晩餐会でその食器が使われるような由緒あるメーカーです。フランスの磁器にはさまざまな産地があり、それぞれに特徴があります。たとえばブルターニュのカンペール焼き は独特なタッチの花と民族衣装姿の人物の絵柄が特徴的ですし、ノルマンディーのルーアン焼きは「ブルーカマイユ」と呼ばれるブルー一色の濃淡の柄が有名で、いずれも一目見てそれとすぐに分かります。
しかし、このジアン社製品のデザインには「これが特徴」と言えるものがありません。というのも、さまざまな時代・場所でつくられた過去の陶器作品を模倣し、それを手ごろな価格で提供することで人気を集め、確固たる地位を確立してきたからです。次々と有能なアーティストを採用し、主に17~18世紀にかけてみられる過去のユニークで斬新なモチーフや、他のヨーロッパや極東の陶器のデザインを取り入れていきました。賛辞として「模造の芸術」と言われることもあるくらい、本当に多種多様なデザインが存在します。1878年と1889年、共にパリで行われた万国博覧会で金賞を受賞したことをきっかけに世界中の貴族らに注目され、家紋を刻印したオーダーメイドのテーブルウェアの依頼が舞い込むようになりました。ジアンにおいては、「オーダーメイドに忠実に応える」精神と、「人々の食卓に幸せを彩る」というモットーが、今でも基本理念として大切に受け継がれています。そんなジアン焼の陶磁器ですが今回のジアン社プレートはビンテージ品であまり見かけない色合いです。

骨董品買取の福岡玄燈舎ではフランスの食器を買取致します。お気軽にご相談下さい。
受付年中無休 電話050-3569-2100