■この写真のアンティークショップではよく見かけるカメラですが通称2眼レフと呼ばれるものであって現在のカメラと違って上のファインダーからのぞきこむタイプです。現在ではなかなか実用には不向きなのえほとんどがインテリア化している骨董品的カメラです。今回買取したのはミノルタカメラで国産の昭和30年代のレトロなカメラです。骨董品の買取依頼ではよく見かけるカメラですね。
二眼レフカメラ買取
ミノルタとは、以前日本に存在したカメラ・複写機メーカーです。日本の光学機器メーカーとしてはコニカに次いで2番目の歴史を持ちましたが、現在は合併でコニカミノルタとなっています。 1933年にミノルタ、セミミノルタが発売され、この時ミノルタブランドが初めて使われました。ミノルタは「Machinery and INstruments OpticaL by TAshima」という英語の文字からとったもので、創業者の田嶋一雄によって名づけられました。この名称は『稔る田(みのるた)』の意味も含んでおり、創業者の生母が『稔るほど頭を垂れる稲穂のように、常に謙虚でありなさい』と言っていたことを肝に銘じておきたかったからとも言われているようです。 まさに日本人好みの理由ですね。日本で最初に市販されたカメラは、1873年(明治6年)に創業した小西本店(のちのコニカ)が販売したボックスカメラだと言われていますが、厳密な意味でのカメラでは、ミノルタ(当時は日独写真機商店)が1929年3月に発売した「ニフカレッテ」だと言われています。戦前の最大のヒットカメラと言われているのが、1934年(昭和9年)に発売した、ベスト判カメラの「ミノルタベスト」です。このカメラを発売した当時のミノルタは、モルタ合資会社等名前で、ミノルタベストのヒットのおかげで株式会社化できたとも言われています。国産初の二眼レフ「ミノルタフレックス」を皮切りに、1953年(昭和28年)には「ミノルタコード」、1955年(昭和30年)には「ミノルタオートコード」を発売し、ロングセラーになります。
ミノルタは「カメラ専業のメーカー」として設立されたこともあるのか、二眼レフカメラから一眼レフカメラへの転換もすばやかったと言います。たとえば1954年(昭和29年)のライカM3発売を見て、すぐに開発に着手しそのわずか4年後の1958年(昭和33年)には、初の一眼レフカメラ「SR-2」が発売されます。立ち回りも素早い会社ですね。このような今は亡き著名なメーカーのカメラは西洋骨董として蓄音機や時計と並んで我々骨董商で高く買取できるものがあります。高く売れるポイントはやはり状態の良しあしで決まるようです。
★骨董品の買取の福岡玄燈舎ではアンティークカメラを買い取ります。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休
電話050-3569-2100