和楽器の中でも個人的に大好きな尺八を買取致しました。今回は骨董品の買取依頼で福岡市博多区に参りました。こちらでは代々雅楽を嗜んでおられているご家族で殆ど使用されずに保管されていた古い楽器類を整理したいとの事で査定させて頂きました。着物や茶道具などの骨董品をはじめ琴や三味線、笛や和太鼓などがある中で一番古く状態の良い尺八を見つけました。この尺八は都山流の尺八で「姫山」の銘がある物です。
尺八買取ります
都山流は流祖・初代中尾都山の没後、二代、三代を経て平成2年(1990)より四代中尾都山が当流派を率いています。現在、教授資格を持つ師匠は約4,000名に及ぶ国内最大とも言われる尺八流派です。元来、尺八は江戸時代に虚無僧が独占し、演奏する曲も宗教的なものがほとんどでしたが、都山は明治36年(1903)の「慷月調」をはじめとして従来の古典尺八曲にはない新しい「都山流本曲」を次々と作曲しました。また古典尺八本曲はほとんど独奏曲でしたが、都山は合奏曲の本曲という新しい分野を開拓しました。更に都山は地歌・箏曲に新たな尺八の手付け(てつけ)を加え、三曲合奏(箏・三絃・尺八)における尺八の地位を高めました。都山はこれらの作品を独自の記譜法で楽譜にし、明治41年(1908)から出版を始めました。後年、月刊誌「都山流楽報」の発行(大正3年より)、試験制度による教授者の育成(明治44年より)、評議員制度による組織の運営(大正6年より)などの新基軸を打ち出し、短期間で都山流は尺八界最大と言われる流派になりました。これらの功績により、都山は昭和28年(1953)に日本芸術院賞を受賞しました。その尺八は骨董品業界でも人気のアンティークな古楽器ですが価格的に価値が高い物は状態が良く製作者が著名な事、良い味の古い竹を使用したもの…などが挙げられます。ご自宅に古い尺八はございませんか?骨董品買取の福岡玄燈舎では尺八や楽器の買取に力を入れています。お気軽にお問い合わせください。
受付年中無休 電話050-3569-2100