今回の出張買取はアンティークのガラスコレクターのお宅でした。イギリスやフランス、チェコやドイツなどのアンティーク食器やシルバー、ガラスなどを中心に約200点ほどのコレクションがありました。その中で20点ほどのアンティーク品を譲っていただきました。写真の切子も未使用品で状態がよく監修名もありましたので買取させていただきました。最近の工芸ガラスですが「復刻 薩摩切子」です。しかも人気の「紅被せ」ですね。

薩摩切子買取り

紅被せ切子

薩摩切子は江戸末期に薩摩藩で造られた切子ガラスです。 鉛を24~25%含むクリスタルガラスを使用し、無色のガラス(クリアガラス)の表面に色ガラスを1~2mm程度溶着させた ”色被せガラス”にカットを施し、磨きあげた製品を「薩摩切子」と言います。薩摩切子は、被せた色ガラスに厚みがありますが、色調が淡いため、クリアガラスから色ガラスの間にできる グラデーション「ぼかし」が特徴のガラスです。その歴史は薩摩藩10代藩主 島津斉興が1846年に製薬館を創設し、医薬品の製造に着手しましたが、薬品の強い酸に耐え得るガラス器の必要に迫られ、江戸より硝子師(びーどろし) 四本亀次郎を招聘し、製造し始めたのが発端です。そして、1851年 島津斉彬が薩摩藩11代藩主に就任したことを機に、ガラス製造の目的が色被せ切子を作り出すことに変わり、「紅ガラス」の色出しに成功、薩摩ビードロの名を高らしめました。 その後ガラス窯は磯の集成館に移され、ガラスの製造は切子という技法と共に広まりました。今回の買取品はその古美術品ともいわれる切子の復刻版です。私ども骨董業界でも本場の古い切子は高価格で取引されています。当時の物はなかなか手に入りませんが復刻であれば度々見かけます。高く売れるものはやはり箱や栞などの付属品がありしかも監修があるものが相場も高いですね。骨董品買取の福岡玄燈舎では薩摩切子を買取致します。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100