昭和30年代のマンガ「くるくるくるみちゃん」買取りました。骨董品買取に伺ったお宅は福岡市南区で長い間、本屋さんを営んでおられたお宅でした。このレトロなマンガは「松本かつぢ」さん作のキャラクターです。
レトロなマンガ買取
昭和レトロな少女マンガ
松本かつぢさんは1904年(明治37年)、兵庫県神戸市に生まれます。画家・蕗谷虹児の渡仏送別記事を読み画家を志します。立教中学在籍中のアルバイトで博文館の雑誌のカットを描き、これが挿絵画家の道に入るきっかけとなりました。立教中学を中退して川端画学校に入り、1928年(昭和3年)、挿絵画家としてデビューします。少女雑誌で少女ファンの圧倒的な支持を集め、中原淳一と人気を二分する画家となりました。大正期から昭和初期に人気を誇った高畠華宵の後、蕗谷、加藤まさをの抒情画が『少女画報』『少女倶楽部』『令女界』等の誌上で人気を呼び、それに続いたのが松本かつぢ、中原淳一らです。中原淳一が作品掲載を禁止された後の『少女の友』を支えたました。1938年(昭和13年)に、少女漫画の先駆け的作品である『くるくるクルミちゃん』の連載を開始、連載は35年間続きました。今回の買取品はその昭和レトロな「くるみちゃん」です。この時代のマンガはあまり状態の良い物は残ってなく状態が良い物には高い値段が付けられます。骨董品買取の福岡玄燈舎ではレトロなマンガを買取致します。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100