◎中国の方より骨董品買取の依頼です。大量の中国南画や掛軸、玉石や古書などの見積もりを済ませ買取させていただきました。その中に写真の古い「水晶」の彫刻がありました。
象の親子の水晶です。大きさは10cmくらいですが古いので骨董相場も高いものです。

水晶買取ります

 

 

 

 

 

普通、結晶形の明瞭(めいりょう)な石英のことをいうが、本来は無色透明で、きずのない結晶に対して使われます。古代においては、水晶は水が凍ってできたものと信じられていたらしく、英名のクリスタルという語は氷を意味するギリシア語に由来しています。水晶は古来より霊石として崇められ、様々な儀式に用いられたと伝えられています。災いや魔を払い、危険から守ってくれる「邪気払いの石」「幸運を招く石」として世界中で愛されてきました。ダイヤモンドと同じく4月の誕生石でもあります。古い建物やお寺などの地面には水晶が埋められている事があります。それは水晶によって土地を清め、厄を祓い、運気の流れを良い方向に整えると信じられていたからです。現代でも、地鎮祭の時などに、地面に水晶を撒いたり埋める風習が残っている地方もあります。水があらゆるものを洗い流すように、水晶は地・人・場など、すべての「気」を浄化し、清めると伝えられています。

骨董品買取の福岡玄燈舎では水晶や玉石買取り致します。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休

電話050-3569-2100