◎福岡市東区での骨董品出張買取で依頼されたのは大量のお茶道具。鉄瓶や茶碗、掛軸や棚、屏風など茶道具一式をお見積りさせて頂きました。その一つに写真の抹茶茶碗があります。こちらは萩焼の「吉田萩苑」の茶碗です。

茶道具萩焼

「吉田萩苑」は昭和15(1940)年10月 萩市三見床並に生れます。
15歳の折、十代 三輪休雪(後の重要無形文化財保持者である三輪休和)に師事します。そして師の代表的な技法のひとつである鬼萩の技法を習得いたします。
後、「天鵬山窯」の発足にあたり招かれて作陶するとともに、技術指導に尽力し、若き陶工を育てます。
昭和43年独立し、萩市玉江に「玉隆山窯」を開窯。
昭和62年11月 事故のため、46歳の若さで亡くなりました。
鬼萩のほか、白釉萩、また古萩の写しなど茶陶を展開しました。

骨董品買取の福岡玄燈舎では萩焼の茶道具買取ります。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休

電話050-3569-2100