◎骨董品買取では古い仏具…おりんや数珠、掛軸や木魚、仏像なども買取しております。

今回、福岡筑紫野市でお寺さんにご縁があるお宅へ骨董の見積もり査定で伺いました。古い木製の仏像や刀の鍔、陶器や掛軸、仏具など車一台分の買取をさせて頂きました。その中の一部ですが下の写真は柘植のお数珠です。

数珠買取ります

お数珠とは『念珠』、『寿珠』などともいわれ、現在もっとも身近な仏具として広く普及しています。
数珠は本来、お経を読む回数を数える道具でした。つまり、『数を念ずる』、『数を記す』ためのものとして『数珠』と呼ばれるようになったと言われています。
珠『本連(ほんれん)数珠』、『二輪(ふたわ)数珠』といわれる正式な数珠は、108の珠で造られています。珠一つずつが百八の煩悩を司る仏様であり、人間のあらゆる煩悩を数珠が引き受けてくれると言われています。 現在においては珠数の制限は無くなりつつあり、一般的には珠の数を減らした略式の数珠が多く使われています。略式の数珠は『片手(かたて)数珠』や『一輪(ひとわ)数珠』といわれ、すべての宗派でお使いいただけます。また、珠の大きさによって男性用数珠と女性用数珠に分けられ、男性は大きい珠の数珠を、女性は小さい珠の数珠を使うのが一般的です。

骨董品買取の福岡玄燈舎では古い仏具や仏像買取ります。お気軽にお問い合わせください。

受付年中無休 電話050-3569-2100