◎先日、骨董品買取で福岡市早良区へ伺いました。
有田焼や唐津焼、信楽、琉球など相当数の陶磁器の査定、買取をさせて頂きました。
写真の焼物は十二代中里太郎衛門です。

太郎衛門 買取福岡

中里太郎衛門とは明治28年生。昭和60年没。佐賀県生まれ。大正3年、佐賀県立有田工業高校別科卒業。昭和2年、12代太郎右衛門を襲名。昭和4年頃より古唐津の窯址調査を始め、古窯址や陶片資料をもとに研究に励む。昭和30年、唐津焼の無形文化財記録保持者に認定。同年、第2回伝統工芸展初入選。以来同展で活躍。昭和40年、唐津焼初期の割竹式登窯を復元築窯し、唐津焼技法の保存に努める。昭和44年、勲四等瑞宝章。同年、13代太郎右衛門を長男に譲り、無庵と号す。昭和51年、重要無形文化財(人間国宝)「唐津焼」の保持者に認定。
骨董品買取の福岡玄燈舎では太郎衛門の器買取ります。お気軽にお問い合わせください。
受付年中無休 電話050-3569-2100