◎土味のとても良い花入れを買取ました…
骨董品買取で福岡筑紫野市より骨董の見積もり依頼があり先日、
二日市に伺いました。お寺関係のお宅で仏像や曼荼羅、仏具や古い書なども沢山ありました。
下の写真はその一部ですが焼物や茶道具の中に入っていたものです。
備前焼花入れです。

備前茶道具

備前焼は、岡山県備前市で作られる陶器。良質の陶土で一点ずつ成形し乾燥させたのち、絵付けや釉薬を施さずそのまま焼くため、土味がよく表れる。
日本六古窯の一つに数えられ、千年の歴史を持つ。素朴で重厚な作風、土味の持つあたたかさ、使い勝手の良さで知られるが、最大の特徴は窯変 (ようへん) 。焼成時の窯の中の状態によって、焼き物の色や表面が変化するため、同じものが二つと生まれない。そのため、「土と炎の芸術」と呼ばれる。
室町時代末期頃から茶人たちに愛され、茶道具が多く作られた。江戸時代には藩の保護のもと全国に広まり、昭和の初期「備前焼の中興の祖」と言われた金重陶陽 (かねしげ とうよう) や藤原啓、山本陶秀が人間国宝の指定を受けるなど、広がりをみせ現在に至る。
骨董品買取の福岡玄燈舎では備前焼の作品を買取ります。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100