◎骨董品の買取で福岡の春日市に出張査定で伺いました。
唐津焼の収集家で絵唐津や斑唐津、朝鮮唐津や黒唐津、などの茶道具が豊富に
みられました。その一つの杉谷窯の茶入れです。
特筆は仕覆の良さ。絹の詩集入りで上品かつ煌びやかな古美術的仕覆です。

茶入れ仕覆

仕覆(しふく) とは、茶入や薄茶器、茶碗、挽家などの道具類を入れる袋で、「仕服」とも書きます。
茶入の仕覆には、名物裂・古代裂が多く使用されていて、茶入によっては、名物裂の替袋(かえぶくろ)を何枚も持つものもあります。茶席では、仕覆は、茶入、茶杓とともに客の拝見に供されます。
茶入に付属する、「袋」、「挽家(ひきや)」(仕覆に入れた茶入を保存するために木材を轆轤で挽いて作った挽物の容器)、「箱」、「包裂(つつみぎれ)」、その他の補装を「修覆(しゅうふく)」といい、修覆が仕覆となり、茶入袋の呼び名になったといいます。
骨董品買取の福岡玄燈舎では仕覆付の茶道具買取ります。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100