■骨董品買取で福岡市博多区に出張査定に出かけました。
茶道具や着物、油絵などがある中、写真のの茶釜がありました。
佐藤浄清の作品です。

茶釜 買取 茶道具

分福茶釜で知られるように茶釜は小さなものは直径30cm程度からあり、主に鉄で作られている。祖形の鍑が中国から伝わり日本で古くに改良され現在の形になった。明菴栄西が廃れていた喫茶の習慣を日本に再び伝えた当時の茶は、磚茶と称される茶の葉を餅状にしたものを削ってこの鍑で煮て供した。この茶の湯釜の発生を大別すると、芦屋釜と天明(九州と東国)の2つの流れに分けられる。日本国外でも茶の湯は行なわれている。
新年になり、初めて行う茶の湯を初釜と呼び、「初茶の湯」、「釜始め」、「点初(たてぞめ)」、「初点前(はつてまえ)」ともいう。茶釜はほとんど炉の上に直接据えて用いるが、天井から下げた鎖(釜鎖)にかけて用いる小ぶりの茶釜も存在する。これを釣り茶釜(つりちゃがま)といい、春先(三月から四月頃)に用いる。
茶釜は他の多くの茶道具とともに鑑賞の対象となる。多く炭手前のとき、炉から上げた状態を正面から客が鑑賞する。客が釜に手を触れることはしない。

骨董品買取の福岡玄燈舎では茶釜や茶道具を買取ります。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休
電話050-3569-2100