〇骨董品の出張買取で福岡市中央区に出かけました。
こちらでは茶道具が多く鉄瓶や釜、茶碗や掛軸などの骨董品が
多く見積もりさせていただき買取致しました。
その一つの大きな鉄瓶は阮簡易飾っていたものです。
鉄瓶買取り

日本鉄瓶の誕生は、中国と深い関わりを持っている。日本の最初の茶道は唐代の中国文化に由来し、発展の過程で、抹茶道と煎茶道とを生み出した。煎茶道の発展は、日本の茶道具に大きな変化を生み出した。当時の日本の釜師は、湯を沸かして淹れるのを便利にするために、鉄釜に注ぎ口と取っ手を付け、体積の縮小をはかった。こうしてできたのが鉄瓶の原形である。鉄瓶がいつ誕生したのかははっきりしていないが、日本の茶道において用いられる茶釜に取っ手を付けたのが、鉄瓶の原形であったと考えられる。史料によると「鉄瓶」という言葉が最初に現れたのは、江戸時代の天明年間(1780年代)、中国の清朝乾隆年間(1736-1795)とされる。日本の鉄瓶はほぼこの時期に形成されたと見られる。鉄瓶の産地として最も有名なのは、京都三条釜座や山形鋳物、長浜の晴寿堂、京都の龍文堂、そして南部鉄器で、このうち龍文堂はその銅蓋で知られ、日本ではこの銅蓋だけを買い求める人もいる。銑鉄製品には、鉄瓶や急須、火鉢、鍋敷き、茶託、鉄鍋、風鈴、花瓶などの種類がある。1リットル以下のものを「鉄急須」、1リットル以上のものを「鉄瓶」と言う。急須と鉄瓶には、容量と体積の大小の差のほか、急須には茶を淹れるのに便利な茶こしの網が付いているという違いがある。

骨董品買取の福岡玄燈舎では鉄瓶や茶道具買取ります。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100