骨董品買取で今回は福岡の春日市へ出張有査定に伺いました。
写真の茶器は薩摩焼の未使用品です。
沈寿官窯や島津薩摩が有名な中、こちらは苗代川焼の薩摩です。

薩摩焼

薩摩焼は、苗代川焼・龍門司焼・竪野焼(磯お庭焼)の3つの流派に大別され、それぞれの地名を産地の名称として使用してきました。薩摩焼の始祖といわれる陶工達は、慶長三年(1598)、串木野(島平)・市来(神之川)・鹿児島市(前の浜)に着船しました。串木野(島平)に上陸した者達は、最初に串木野に築窯。慶長8年(1603)苗代川に移住し、製陶を始めました。その後苗代川で焼かれる焼き物はその地名を取って苗代川焼として親しまれていました。

骨董品買取の福岡玄燈舎では薩摩焼の作品買取ります。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100