骨董品買取で今回、福岡市早良区に出張見積もり査定で出かけました。
大きな古伊万里の壷や大皿、茶道具や着物など上質な物を査定して買取させて頂きました。
その茶道具の一つで写真の棗がありました。
螺鈿の綺麗なで状態も素晴らしい物です。

棗買取ります

螺鈿細工とは夜光貝その他の貝類を彫刻して漆地や木地などにはめこむ技法です。
「螺」は螺旋状の殻を持つ貝類のことであり、「鈿」は金属や貝による飾りを意味しています。又貝の裏面に着色または金銀箔を裏付けして使用したものを、色底螺鈿とよんでいます。
螺鈿の起源はまだ明らかではありませんが、この技法は近東に起こり、のち中国に入り唐時代には精巧な技術に発展し、日本に渡ってきたと考えられます。
螺鈿には厚貝と薄貝があり、厚貝は乳白色を基調とした真珠光沢の色調を主とするのに対し、薄貝は膜層により青から赤までの変化があります。歴史的には厚貝から薄貝へと進んできましたが、螺鈿が青貝ともいわれるようになったのは、薄貝によって青い色調が出せるようになったからでしょう。

骨董品買取の福岡玄燈舎では螺鈿細工の棗や茶道具買取ります。お気軽にお問い合わせください。
受付年中無休 電話薩摩焼050-3569-2100