福岡市東区の骨董品買取依頼で色々な古い工芸品や郷土玩具、茶道具、着物など
買取させて頂きました。その一つの竹籠です。
写真の「たち吉」の未使用品です。
お茶の席に用いる花篭でしょうかとても可愛くスッキリとした
佇まいですね。四海波花籠だそうです。
たち吉は焼物や器などが有名な工房ですがはな籠は珍しいですね。

竹籠買取ります
たち吉は創業は宝暦2年(1752年、江戸時代前期)とされる。京焼だけでなく全国各地の陶磁器を仕入・販売しており、2014年現在、全国の百貨店などに百以上の店舗がある。このような一般消費者向けの販売の他に、企業向けにノベルティ・販促品や業務用食器の企画・販売なども行なっている。
かつては京都市の繁華街である四条通に面した位置に本店を構え、ギャラリーや陶芸教室を併設するなど文化活動も手掛けていた。 陶磁器製品の売上高が200億円を超えていた国内でも数少ない会社の一つであり、特に和食器の業界では突出した規模の存在である。

骨董品買取の福岡玄燈舎ではたち吉の商品買取ります。お気軽にお問い合わせください。
受付年中無休 電話薩摩焼050-3569-2100