西洋アンティークの中でも比較的よくみられる「ベネチアングラス」ですが
今回は福岡市西区にてガラスコレクターのお家に骨董品の出張買取にお邪魔致しました。
箱はありませんがコレクションケースに長い間、飾られていた様で汚れもなく
とても良い状態のアンティークガラスです。
ベネチアンガラス買取
ところでこの「ベネチアンガラス」ですがベネチアングラスはベネチアのムラーノ島を中心に作られる工芸品で、4000年前の紀元前のシリアでの生産を起源としています。ヴェネチアングラス(ベネチアングラス)は鉛を含まないソーダ石灰を使用する事が特徴で、コバルトやマンガンなどの鉱物を混ぜることで様々な色合いを表現することが出来ます。
混ぜた鉱物により硬度が変化し、赤色のものが最も硬度が高いといわれています。
また高い装飾性も特徴で、基本的な製法はソーダガラスを使用した吹きガラスですが、空中で吹くことにより極薄に吹き上げる技法や、グラスを細く引き伸ばしそこに竜や花や鳥などをモチーフにした複雑な装飾を施すなど、「軽業師の妙技」と呼ばれる高度なテクニックが用いられています。
ヴェネチアングラス(ベネチアングラス)は1つ1つが手作りのオリジナルで、大量生産されたガラス製品と異なり同じもの二つと存在しません。

骨董品買取の福岡玄燈舎ではベネチアングラスを買取致します。お気軽にお問い合わせください。
受付年中無休 電話薩摩焼050-3569-2100