福岡市で昭和レトロなおもちゃを買取りました。
キューピー人形の景品です。昭和50年位の物だと思われます。
昔は良く銀行系の販促品に使われていましたが最近はあまり見なくなったですね。
骨董品買取で福岡市にて出張買取に出かけましたがこの他にもソフビや超合金の
ロボットなど沢山買取できました。

キューピー人形 買取

キューピーには時代によっていろいろなバージョンがあります。
戦前にはガラス容器に使用されたラムネのキューピーやニッケ水入れのキューピー、
陶器製の物、羽の生えた人形や真っ黒なキューピーなど多彩な物があります。
骨董品的な物もありますね。
大正から昭和(戦前頃)にかけての日本は世界的にみてもキューピーブームを強力に増進させた国だといえます。 戦前の日本ではキューピーのようなキャラクター商品が存在しなかった為、日本人はキューピーの来日に驚きました。 工場でキューピー人形を大量生産し、なんの実用性もないのに飛ぶように売れたそうです。 様々なキューピー人形が展開されて、黒い目にチャンチャンコを着せた日本製キューピーも誕生しました。 絵本や広告に使用され始めたキューピーはついに、マヨネーズを日本に持ち込んだ中島 董一郎(なかしま とういちろう)による会社のマスコットとして起用されました。

骨董品買取の福岡玄燈舎ではキューピーやレトロなおもちゃ買取致します。
お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100