福岡市早良区で骨董品の査定買取させて頂きました。
鉄瓶や茶碗、壷や水指、茶入れなどの茶道具が沢山ある中、
輪島塗で螺鈿や蒔絵の綺麗ながありました。
全てに箱付で栞も入っております。
大切に使用されていたものと思われます。

蒔絵 棗 茶道具
は、抹茶を入れるのに用いる茶器の一種。木製漆塗りの蓋物容器で、植物のナツメの実に形が似ていることから、その名が付いたとされる。
棗には濃茶用と薄茶用がある。なお、濃茶を入れる陶器製の茶入(濃茶器)に対して、薄茶を入れる塗物の器を薄茶器(薄器)といい、棗はこの薄茶器の総称として用いられる場合も多い。
本来は黒漆塗りのシンプルなものであり、その非装飾的な造形からは見所により「名物」として優劣をつけられていた茶入を尊んだ既存の茶の湯への抵抗を読み取ることが出来る。また形は利休型とされる大棗・中棗・小棗が基本形となっているが、多くのバリエーションを持つ。
しかし次第に茶入と同時に用いられるようになることで、書院飾りに適した豪華な蒔絵が施されるようになった。

骨董品買取の福岡玄燈舎では棗や茶道具買取致します。お気軽にお問い合わせください。
受付年中無休 電話薩摩焼050-3569-2100