骨董品買取では先日に引き続き福岡市博多区でのお寺の仏具について
書きます。今日は錫杖です。
下の写真は仏具の錫杖で読経の際によく使用されるのを見かけますね。
錫杖 仏具買取

錫杖は比丘(びく)十八物の一つで、修行僧が野山を巡業する時、猛禽や毒虫などの害から逃れるため、これをゆすって音を立てながら歩いた。錫杖は常に浄手(右手)に持ち不浄手(左手)に持つことを禁止されている。街に入ってからは、家々の門前にて乞食(こつじき)するときにこれをゆすって来意を知らせた。この歩きながら使うものを錫杖、また法要中に法具として使う短いものを手錫杖といい、その音色により『錫(すず)』の字があてられた。
巡錫に用いられる錫杖は、ほぼ等身で、杖頭部・木柄部・石突の部分に分かれる。杖頭部は仏像や五輪塔を安置し大環に小環を6個あるいは12個付ける。法要で用いる錫杖は、柄を短くしたものであるが、杖頭部が三股九環・四股十二環のものもある。当山では、錫杖は修行大師像に見られ、手錫杖は護摩祈願の中で使われている。
仏具一式

錫杖は宗教的な意味合いも多く持ち、仏具として様々な儀式にも使われました。
例えば密教の儀式である 護摩供養 では、柄の部分が短い手錫杖が儀式中に使用されています。また、手印・真言呪・観想などの方法で衆生に加護を与える加持祈祷でも錫杖が用いられています。葬儀や法事などで目にすることもあるかもしれませんので、その際は今一度錫杖の役割を思い返してみると良いかもしれません。

 

骨董品買取の福岡玄燈舎では錫杖買取り致します。古い仏具などお気軽にお問い合わせください。
受付年中無休 電話050-3569-2100