骨董品の買取や査定でよく見かけますお土産品や民芸品
何気ない置物やこけしにもお宝が混ざっています。
お引越しや片付けでは全て処分されるそんな工芸品、民藝品
今回は買取致しました。福岡市中央区のマンションでの骨董品査定でした。
これはその一つで沖縄の魔除け?のシーサーでしょうか。

琉球民藝
シーサーは、沖縄県などでみられる伝説の獣像。 建物の門や屋根、村落の高台などに据え付けられる。 家や人、村に災厄をもたらす悪霊を追い払う魔除けの意味を持ち、屋根の上に設置されることが多いとされる。
獅子
魔除けよりも権威の象徴としてお城などに設置される宮獅子。富盛の石彫大獅子のように村や町を守る、村落獅子。
そして最も世間に広まっているとされているのが、家庭用の家獅子です。
家の中・前・門など様々な箇所に置かれていますが、中でも特徴的なのが屋根の上にいるシーサー。
庶民が瓦葺き屋根を持つことが許されるようになった、明治時代以降に作られるようになりました。

骨董品買取の福岡玄燈舎ではシーサーや琉球民藝を買取致します。
お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100