骨董や美術品、アンティークの買取で福岡市西区に出張買取に出かけました。
新聞の広告を見たとの事でお電話があり遺品整理をしたいとの事でした。
お医者様のお宅で有田焼や古伊万里を中心に約150点程のコレクションを査定致しました。
これはその一つの柿右衛門です。
十四代の柿右衛門の猪口ですね。
柿右衛門買取 骨董

佐賀県西松浦郡有田町で、13代目の息子として生まれる。
絵付けの基礎となる部分を会得するため多摩美術大学日本画科で日本画を学び、卒業後帰郷して父親に弟子入りする。下積みを重ね父と祖父(先々代)が蘇らせた“濁手”(にごして)の技法なども学んでいく。1971年、改名前の本名の酒井田正(さかいだまさし)名義で日本工芸会会員となり、この後のほぼ10年は本名で公募展や個展に出品した。
1982年、父の死を受け14代目を襲名。翌年アメリカ合衆国で「クローズ・アップ・オブ・ジャパン・イン・サンフラシスコ」にて海外で初出品し、サンフランシスコ市長から名誉市民号を贈られた。「14代目柿右衛門展」は国内だけでなく海外で高い評価を集めた。2001年に重要無形文化財「色絵磁器」の保持者(人間国宝)に認定された。また広く後進の育成にも力を入れ、大学で教えるほか、2011年にはJリーグの地元クラブ・サガン鳥栖のデザインアドバイザーにも就任した。

骨董品買取の福岡玄燈舎では柿右衛門作品買取致します。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100