骨董品の鑑定依頼が福岡市博多区よりありました。
こちらは町中の高層マンションの一室で以前は旧家にお住まいとの事。
ココでは油絵や民芸品、美術品や焼物、掛軸、茶道具など様々な物に出合いました。
写真のぐいのみはその一つで京焼の清水焼平安陣内の作品です。

京焼 清水焼買取

清水焼(きよみずやき)は、京都を代表する伝統工芸品のひとつで、もともと清水寺に向かう清水坂界隈の窯元で焼かれていた焼き物を指してそう言っていたのが始まりです。現在では、京都市東山区・山科区の清水焼団地・宇治市の炭山などで生産されているものをまとめて「清水焼」と呼んでいます。経済産業大臣指定の伝統工芸品としての正式名称は「京焼・清水焼」です。
京焼と清水焼の違いは、これは以前(江戸時代ぐらい)は清水焼以外にも、粟田口焼・八坂焼・音羽焼・御菩薩池焼などが京都市内各地にあり、それを総称して「京焼」という言葉が使われていました。しかしその後、時代の流れとともに清水焼だけが残って、現在ではほぼ「京焼=清水焼」という形になっています。

骨董品買取の福岡玄燈舎では清水焼,京焼買取致します。お気軽にお問い合わせください。
受付年中無休 電話050-3569-2100