骨董品買取で地元福岡の太宰府市で古い大きな九谷の布袋人形買取りました。
とても大きく70センチくらいの身長の人形でした。
金襴手で豪華な九谷焼人形です。
この他にも薩摩焼の大花瓶や壺も買取致しました。

九谷焼の仏像人形

大宰府で買取しましたこの九谷焼は「八幡窯」の作品でした。八幡窯のある能美郡八幡村では、新時代の窯業生産に対応するために素地部門と上絵部門とが分離され、明治15年(1882)に素地製造の合理化と規格の統一のために八幡に素地専業の窯が作られ、それに上絵専業の松本佐平らが連携した。素地の需要、供給が円滑になり九谷焼の振興に役立った。佐平は、明治16年(1883)頃より伝統的な青九谷風の絵付を復興し、九谷業界に新風を吹き込み、明治20年頃より輸出貿易に対応するため、寺井の各地に陶画の分業場を設置し、規格の統一された素地に絵付した良品を数多く生産して、輸出貿易品の質の向上にも努力した。明治24年(1891)置物の原型を作って製品化したことから、八幡地区は九谷焼の置物産地になって今日にいたっている。

骨董品買取の福岡玄燈舎では古い九谷焼の人形や仏像買取ります。
お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100