福岡県粕屋郡にて着物と骨董品の鑑定依頼があり出張買取に出かけました。
古伊万里の大皿や茶道具書道具などがありましたが着物が箪笥2本分ありましたので
査定をして買取り致しました。
写真の反物は本場大島紬です。現代は着物を着るというよりも和装小物の材料や
リメイクによく使用されるようなアンティークの反物です。

大島紬反物買取福岡

大島紬は、鹿児島県南方にある奄美群島の織物。絹100%、織る前に糸を染める先染めを行い、手織りの平織りで、絣合わせをして織上げたものは「本場大島紬」の名で伝統工芸品に指定されている。深い黒に加え、緻密な染めと織りの技術で知られる、日本が誇る絹織物の最高峰のひとつである。優雅な光沢を持ち、しなやかで軽く、シワになりにくいという特徴がある。手紡ぎの糸を、「テーチ木」(シャリンバイ)という奄美エリアに生息する植物の煎汁液と、鉄分を含む泥土でこげ茶色に発色させ、手織りする伝統的技法がとられている。はじめはくず繭や真綿などを紡いだ糸で作られていたが、生産拡大の中で大正年間にはほぼ全ての製品が絹糸で作られるようになった。
初期の大島紬は、手紬糸を用いて地機で織られ、自家用として島民が着用していた。徐々に技術が洗練されていき、1720年頃には薩摩藩を治める島津氏がその価値に着目。島民に『紬着用禁止令』が出され、高級織物として上納品に定められた
骨董品買取の福岡玄燈舎では大島紬や着物を買取り致します。お気軽にお問い合わせください。
受付年中無休 電話050-3569-2100