最近は骨董品の買取りで度々、着物の買取もあります。
今回も福岡市南区で書道具と絵画、切手などの買取をさせて頂き
帰り際に着物を箪笥二棹分の着物も買取り致しました。
写真の反物はその一つで大島紬の反物でした。

大島紬反物着物買取り福岡

大島紬の文様は、時代性や技術革新によって多様に移り変わってきたが、描かれるモチーフは自然の草花が常に主体となっている。男性向け、女性向けの2手に別れてバリエーションが広がっているのも特徴。
龍郷 (たつごう) 柄:
奄美を代表する古典柄。女性用として奄美に自生するソテツがデザインされたもの。ソテツの葉と実を幾何学模様で表現した大島紬の代名詞的存在。
亀甲柄:
男物の小付け模様の代表格。縁起の良い亀甲を象っている。男性の風格を引立てるとされてきた。
そのほか男性用の代表的なものは、西郷柄、有馬柄、伝優柄、白雲柄など。女性用柄模様としては古典模様、幾何学模様、草花模様、更紗模様、モダンアートなどがあります。

骨董品買取の福岡玄燈舎では古い着物や反物買取ります。お気軽にお問い合わせください。
受付年中無休 電話050-3569-2100