骨董品買取の福岡玄燈舎です。
今回は古い掛軸の買取で出張買取に福岡県春日市に出かけました。
査定したのは茶道具や書道具、切手や陶磁器のほかに斜視の掛軸が数点ありました。
そのほとんどは古美術品ではなく印刷や最近の物でしたが一本だけは通動くの1970年代の掛軸がありました。

掛軸買取福岡

中国絵画は文学や書との縁が深く、山水画の余白や画巻の巻末に絵の内容と関連する詩や文章(題賛、題跋)が書き付けられていることがしばしばある。西洋の絵画観では、絵画の余白に詩や文を書き込むということは、絵画の表現を詩や文が補っているということになり、造形芸術としての絵画の純粋性の放棄ということになりかねないが、中国の伝統絵画は西洋絵画とは全く異なった歴史的・文化的背景、異なった原理に基づいて制作されている。中国には「詩書画三絶」という言葉があり、詩作、書道、絵画の3つに通じていることは文人の理想であった。中国の文人には、親しい友人の旅立ちや再会など、機会あるごとに詩を作り、贈り合う習慣があった。題画詩(絵画の内容を表した詩)は詩の重要なジャンルであり、山水画や花鳥画には、しばしば同じ画面上に題画詩が書かれ、詩書画の3者が一体となって鑑賞された。
骨董品買取の福岡玄燈舎では中国掛軸の買取をしております。お気軽にご連絡ください。受付年中無休 電話050-3569-2100