2月も中旬になり少しは春の兆しも見え隠れはじめました。
今回は福岡市南区のご自宅に出張買取に出かけ仏像やおりんなどの仏具と古い掛軸を買取致しました。
写真の軸は仏壇のご本尊の両脇にかける掛軸で「両脇仏」と言われるものです。
掛軸
浄土宗で法然上人です。
掛け軸は仏像と同じ役割をもっています。
一般的には「本尊」と「両脇侍(脇侍左・右)」の3本をひとつのセットとして安置します。
基本的には3本でひとつですが、本尊を仏像にして両脇侍を掛け軸にするということもあります。
仏像にするか掛け軸にするかは菩提寺からの指示がない限り、特別な決まりはありません。が、本尊と両脇侍の組み合わせは、宗派によって決まりがあります。

骨董品買取の福岡玄燈舎では掛軸や仏具買取ります。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100