骨董買取の福岡玄燈舎です。
今回の出張買取は福岡中央区よりご依頼いただきました。
マンションの一室で煎茶教室を開いていた奥さまです。
中国の煎茶器や鉄瓶、錫の茶托など80点の買取でした。
写真の急須は珍しい銅の物でした。
最初は鉄瓶と思われましたが小ぶりの急須です。
銅の急須買取
原型は鉄や銀製の金属でした。中国の明時代の万暦年間、 16世紀後半から17世紀の初めに宣興窯(江蘇省)で陶製の急須が作られてから土物が主流になってきたようです。
わが国では,土瓶の歴史のほうが古く、庶民がお茶を飲む習慣ができた江戸時代からやっと急須も普及。特に茶葉を使う煎茶の発展と共に 広がりました。江戸時代の中ごろには文人たちの間で煎茶道の様式も整えられ完成しています。

骨董品買取の福岡玄燈舎では急須や煎茶道具買取ります。
お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100