こんにちは!骨董品買取の福岡玄燈舎です。春の陽気に誘われて福岡県前原市にやってまいりました。骨董品が家に沢山あるのでとりあえず見に来てほしい、まだ売るかどうかは判らないが値段次第で…?といったお話があり半信半疑で約1時間かけて前原市にやってきました。古い物好きな私は多少の遠いところにもどんどん行きますのでそのあたりはご心配なく古い物の価値や評価、いくらぐらいで買取してくれるかなどご相談をお受けいたします。今回も少し距離がありましたが中国の陶磁器や煎茶道具、錫の入れ物や書道の硯など沢山の古い物を見せて頂きました。

錫買取

明治時代からある美術品もありました。古い物には傷や割れ、汚れなども沢山ありますが気にせず色々見せて頂きました。写真の錫の入れ物は大正時代の物で古錫の菓子器ですね。「間村自造」とありますが少し調べて価格を伝え買取させて頂きました。変色や汚れもありましたがこの大きさは珍しく、茶道具、煎茶道具などの席で使用されていた骨董だそうです。この工房?作家さんは主に錫製品の物が多く茶入れや茶壷なども良く見かけるものです。とても今では貴重な古美術品と言われています。
この菓子器も肌はすべすべですが色合いが100年ほど経っているものなのでいぶし銀の様な少し黒ずんである色合いになっています。これも時代の味でしょうか・個人的な大好きな部類の骨董品です。
骨董品買取の福岡玄燈舎では古い錫や銀製品や茶道具、煎茶道具など買取ります。古いので凹みや傷、汚れがあっても構いませんので売却の際に一度、玄燈舎にご相談下さい。受付年中無休 電話050-3569-2100