京楽焼の大鉢
福岡筑紫野市より家の整理で古いものが沢山出てきましたとのことで骨董の出張査定依頼がありました。
以前、お母さまが京都にて懇意にされていたお店より購入された陶磁器がお部屋いっぱいにあります。
そのほとんどが輪島塗や山名k塗、春慶や根来塗の食器が多かったですが京焼の楽焼、仁清写しの陶器もありましたので
買取をさせて頂きました。春色の草花の図柄がとても綺麗で飾るのにも大変良い楽焼の鉢でした。
作家物ではありませんが未使用の陶器です。茶道をされている方ならよくご存じの京楽焼茶碗の一つです。
楽焼きといえば一番に頭に浮かぶのは楽茶碗。その楽焼きの窯元といえば楽家です。その楽家の先祖は中国から渡ってきた陶工で室町時代では。京の都に住み、そして加茂川の加茂真黒といわれる黒石を釉薬にすることを考えられたと伝えられております。
楽茶碗の他に有名なのは植木鉢ですね。他にも蘭鉢もありますがどちらもやはり黒色を基調にした釉薬で蘭鉢はその上から金彩や豪華な絵付けをされています。特に蘭鉢はおもと入れにも使用しています。そして絵付けや作品、作家によってはとても高価なものもあります。日本庭園や盆栽をされていたかたのお庭や玄関先には結構見かける陶磁器です。
時代のあるものもあり美術品や骨董品としても人気の焼物の一つといえます。
骨董品買取の福岡玄燈舎は京焼、楽焼などの茶碗や焼物、植木鉢や蘭鉢を買取致します。
ご自宅でもし見かけましたら一度、ご相談ください。宜しくお願い致します。受付年中無休 電話050-3569-2100