おはようございます!花粉舞い散る季節になりました。私も花をぐずぐずしながら仕事に励んでおります。
とても良いお天気が続くなか、筑紫野市より骨董品の査定依頼がありました。大きな古い金屏風や市松人形、有田焼や伊万里焼の大きな壷、掛軸や日本刀など上質な美術品を買取をさせて頂きました。勿論、良く見かける輪島塗漆器や着物も沢山ありました。その一つに茶道具の茶托がありました。
茶托買取福岡
この茶托はとても古く江戸から明治期の中国製の物でした。茶托といえば錫製の物が多い中、赤銅はとても珍しく、しかも在銘です。古いのでさすがに変木や変色もありましたが個人的にはとても大好きな風情のある骨董の一つです。茶托はお茶を出すときに良く使われますし大きさによっては菓子器としても重宝される茶道具の一つです。
その歴史ですが江戸時代中期に清から杯と杯台が輸入されるようになりますが、日本の煎茶法でこの杯を茶碗に転用する際に、杯台が茶托に転じた物と考えられます。素材も色々で金、銀、銅、鉄、木製など色々あります。
中国から伝来した当初は錫(すず)製が多かったことから、骨董品の茶托には錫製が多いようです。
このような歴史的な背景からも、茶席において高級な茶を入れる場合、あるいはより位の高い客人をもてなす際には、
錫製の茶托が好んで使われるようです。
丸い円形が一般的な形ですが、楕円形、小判型、舟型、角形(四・六・八)などがあり、
たいらな茶托だけでなく、特に小判型や舟型などの立体的な形状のものも多いです。
ご自宅に古い茶托を見かけましたら骨董品買取の福岡玄燈舎へご相談下さい。
特に中国の古い古錫の物は高く買取ができますのでご連絡ください。受付年中無休 電話050-3569-2100