■屏風買取りました!福岡

 

■こんにちは。太宰府の骨董品買取の玄燈舎です。コロナのご時勢か大きなものの買取も多くなりました。
樟の衝立や大きな伊万里焼花瓶などと一緒に屏風も買取依頼が多くなりました。
今回の出張買取も例外なく屏風の査定依頼があり福岡市へ出張査定に伺いました。
古民家の2階に大きな木箱に収められた屏風が8点あります。その日一つ一つを空け念入りに査定致しました。
明治期から大正期の物なのでかなりボロボロで破れもひどい物もありましたがその一つに中国の書家の廟場がありました。
こちらは高価買取ができましたのでお客様もご満足なご様子でした。残りのものもまとめて買取させて頂きました。
ありがとうございました。
屏風買取
屏風の豆知識ですが数え方は、屏風一点を「一隻(いっせき)」(半双(はんそう)とも)といい、二隻で一組のときは「一双(いっそう)」。 六曲一双屏風の場合、向かって右側の屏風を「右隻(うせき)」、左側の屏風を「左隻(させき)」といいます。日本書紀によると天武天皇 朱鳥元年(686年)に新羅の使者による天皇への献上品の中に金・銀・錦・絹布・薬物とともに屏風も入っています。中国式の屏風は、衝立状のものを1単位として革の紐によって何扇かを繋げたもので、平安時代になって日本でも盛んに製作されるようになりました。中世には、革紐の部分が和紙の蝶番(ちょうつがい)になり、屏風は前後に折りたため、大きな一枚の画面を作り出すことも可能になりました。

骨董品買取の福岡玄燈舎では屏風を買取ります。見積もりや査定だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

電話

■お問い合わせ方法

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00