福岡の骨董品や美術品の買取は福岡玄燈舎にお任せ下さい。骨董品・古美術品・アンティーク・掛軸・茶道具・書道具・おもちゃ・楽器・切手・武具・絵画などの出張鑑定買取は福岡太宰府の玄燈舎にご相談ください。福岡・久留米・北九州・糟屋・宗像・太宰府・筑紫野・大野城・春日・朝倉・飯塚他無料出張鑑定致します

■ 北村西望彫刻作品を買取ました!福岡

 

■おはようございます。骨董品買取の福岡玄燈舎です。先日は太宰府の当店に持込み査定で
北村西望さんの作品をお買取致しました。ジャガー?ヒョウ?の形をした洋銀製の文鎮です。
桐箱に入って栞もある綺麗な彫刻作品ですね。

「長崎平和祈念像」の作者として知られる彫刻家の北村西望さんは100歳を越えてなおアトリエに立ち続け600点に登る作品を残しました。筋骨逞しい男性像を得意とし昭和33年文化勲章を受章します。若いころから長寿を人生の目標とし、80年以上にもわたる、たゆまない精進が数多くの傑作を生みます。作風は戦前の作品は「児玉源太郎大将騎馬像」「山県有朋元帥騎馬像」など勇壮な男性像かつ戦意高揚を意図した作品を多く手がけました。また北村さんが指導し石原昂ら7人の彫刻家「報国芸術会」によって制作された戦没者7点の胸像が1939年3月19日、遊就館に献納されています。このほか、大政翼賛会の会合にも芸術界の代表者として参加しています。戦後は長崎原爆のみならず広島原爆の被害を受けた広島市の市民に対しても「飛躍」や平和観世音菩薩像など多くの平和祈念像を制作しています。1947年(昭和22年)より日本芸術院会員、1949年(昭和24年)日展理事、1958年(昭和33年)日本芸術院選考委員、1958年(昭和33年)文化勲章受賞、文化功労者、1962年(昭和37年)より日本彫塑会名誉会長、1969年(昭和44年)日展会長に就任、1974年(昭和49年)日展名誉会長など日本を代表する芸術家です。

骨董品買取の福岡玄燈舎では彫刻作品を買取致します。査定や見積もりだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100

★査定のポイント

●状態…欠損やヒビの無い彫刻に高価買取で期待できます。
●作家銘や作品銘の有無…箱書きや入手経路などが判る彫刻作品には高価買取が期待できます。
●その他…ブロンズや銀、仏教美術彫刻は人気があります

 

■買取品目

電話

■お問い合わせ方法

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00