福岡の骨董品や美術品の買取は福岡玄燈舎にお任せ下さい。骨董品・古美術品・アンティーク・掛軸・茶道具・書道具・おもちゃ・楽器・切手・武具・絵画などの出張鑑定買取は福岡太宰府の玄燈舎にご相談ください。福岡・久留米・北九州・糟屋・宗像・太宰府・筑紫野・大野城・春日・朝倉・飯塚他無料出張鑑定致します

■ チベット仏像の買取!骨董品/福岡

 

■骨董品買取の福岡玄燈舎です。今回は久しぶりの仏像の買取依頼がありました。地元、大宰府のお宅なので当店に持ち込み査定をされました。チベット仏像やガンダーラ、中国やモンゴルの仏像が多く二日間お預かりして買取り致しました。

写真の小さな仏像はチベット仏教の渡金仏像です。他ににも狛犬や釈迦牟尼如来像などもありました。
このチベット仏は大黒天と思われます。馬に乗っている大黒様は珍しいと思います。日本では七福神の一尊ですね。チベットの仏像は女性のような像を抱いていたりと、奇怪な忿怒尊を思い浮かべる方も多いかもしれません。これは妃を抱いている密教像で、このような像を父母仏(ヤブユム)といい、曼荼羅の諸尊は、この父母仏(ヤブユム)の子供たちであるとされています。しかし当然のことですが、日本でもなじみの深い仏様も広く信仰されています。釈迦如来や阿弥陀如来、薬師如来、文殊菩薩、観音菩薩など少しお姿が違うだけで同じような尊容の姿が多いです。例えば金剛薩たは密教美術の上で、インド、チベット、中国、日本すべての仏教圏においてほぼ同じ姿をしています。 必ず右手に金剛杵を持ち、左手には金剛鈴を持って左膝の上に置いています。菩薩の中では日本や他のある国と同様に、観音菩薩がもっとも信仰を集めています。大黒天は寺院の守護神とされていて色々なお姿のバリエーションがあります。チベットにも多くのマンダラが存在し、布や壁画のマンダラや立体マンダラがありますが、日本には見られない独特なものとしては、僧侶たちが彩色した砂で描く、砂曼荼羅であります。

骨董品買取の福岡玄燈舎では仏像や仏具を買取致します。査定や見積もりだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100

★査定のポイント

●状態…汚れや変色の少ない仏像に高価買取で期待できます。
●作家銘や作品銘の有無…在銘や箱書きや入手経路などが判る仏像には高価買取が期待できます。
●その他… 中国の古い仏像は人気です

 

■買取品目

 

電話

■お問い合わせ方法

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00