福岡の骨董品や美術品の買取は福岡玄燈舎にお任せ下さい。骨董品・古美術品・アンティーク・掛軸・茶道具・書道具・おもちゃ・楽器・切手・武具・絵画などの出張鑑定買取は福岡太宰府の玄燈舎にご相談ください。福岡・久留米・北九州・糟屋・宗像・太宰府・筑紫野・大野城・春日・朝倉・飯塚他無料出張鑑定致します

■ 印材を買取ました!骨董品/福岡

 

■骨董品買取の福岡玄燈舎です。本日は書道具を福岡市中央区にてお預かりいたしました。とても古い硯や掛軸、筆や墨が所狭しと並べられてありました。先代が書家だったそうで誰もあとを継ぐ方がおられなかったそうです。
今回は印材の中でも鶏血石についてお話しいたします。

「世界中で中国にしかなく、中国では昌化にしかない」とされ、
珍重されている石材です。浙江省昌化地方の鶏血石は、福建寿山の田黄石、
芙蓉石と並び、印材の「三宝」と呼ばれています。
鶏血石は、辰砂と葉臘石(ようろうせき)の共生の天然宝石で、鮮血のように鮮やかな赤を発色しています。
鶏血石には代表的なものとして、「昌化鶏血石(しょうかけいけつせき)」と「巴林鶏血石(ぱりんけいけつせき)」 が存在します。昌化、巴林とは採掘される場所(地名)のことです。 昌化の赤い血の部分は堅く全般的に彫りにくい石です。全く刃の立たない物も有ります。 昔から非常に偽物の多い石で見れば判る物から見ただけでは判らない物まで色々有ります。 特に最近の物は私にも判らない物が有ります。「巴林鶏血石」ですが、こちらは比較的近年、二十年から十年前後位前から入りだした内モンゴルで採れる巴林石の一種で 昌化比べると少し落ち着いた赤さの石です。 この石の良いところは彫りやすい事です。
印材にはこちらをお勧めいたします。

骨董品買取の福岡玄燈舎では印材や書道具を買取致します。査定や見積もりだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100

★査定のポイント

●状態…汚れや傷の少ない印材に高価買取で期待できます。
●作家銘や作品銘の有無…在銘や産地や入手経路などが判る印材には高価買取が期待できます。
●その他… 田黄石や鶏血石、芙蓉石は人気です

 

■買取品目

 

電話

■お問い合わせ方法

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00