福岡の骨董品や美術品の買取は福岡玄燈舎にお任せ下さい。骨董品・古美術品・アンティーク・掛軸・茶道具・書道具・おもちゃ・楽器・切手・武具・絵画などの出張鑑定買取は福岡太宰府の玄燈舎にご相談ください。福岡・久留米・北九州・糟屋・宗像・太宰府・筑紫野・大野城・春日・朝倉・飯塚他無料出張鑑定致します

■ 掛軸や拓本買取ました!骨董品/福岡

 

■骨董品買取の福岡玄燈舎です。昨日は福岡県粕屋郡に出張査定に出かけました。
そこでは大きな中國の屏風や掛軸、拓本や版画など多数お見積りさせて頂きました。

本日はその一つで「文徴明」の拓本をご紹介いたします。文徴明は詩書画の評価が高く三絶と言われます。
近世文人画を完成した呉派の大家で、中国では画人の方に比重が置かれます。
沈周・唐寅・仇英とともに明代四大家と言われます。当時超一流の人物だった呉寛(古文)、沈周(画)、李応禎(書)に学びました。文徴明の青年期は、唐寅(とういん)や祝允明(しゅくいんめい)徐禎卿(じょていけい)らと交流があり、この4人を呉中の四才人と言われました。著述に『莆田集』があり、詩文の代表作に「西苑詩」が挙げられるます。また古書画に学び、古くは唐代の郭煕や李唐から元代の趙孟頫や元末四大家に師法しています。山水、花卉・蘭竹・人物など作域が広い画家です。山水画は主に趙孟頫・呉鎮を模範とし精妙細緻でありながら時に大胆な画風は「粗の文」「細の文」と呼称されました。文徴明の画法を学ぼうと後進があとを断たず、のちには呉派の代表とされます。最晩年になっても画の完成度は衰えるどころかなお一層、謹細にして典雅です。祝允明・唐寅・徐禎卿らと「呉中の四才子」と称揚され、その画を求めて門前に車馬が並んだというます。

骨董品買取の福岡玄燈舎では掛軸や拓本、屏風を買取致します。査定や見積もりだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100

★査定のポイント

●状態…汚れや変色の少ない掛軸に高価買取で期待できます。
●作家銘や作品銘の有無…在銘や楽観や入手経路などが判る掛け軸には高価買取が期待できます。
●その他… 中国画は人気です

 

■買取品目

 

電話

■お問い合わせ方法

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00