福岡の骨董品や美術品の買取は福岡玄燈舎にお任せ下さい。骨董品・古美術品・アンティーク・掛軸・茶道具・書道具・おもちゃ・楽器・切手・武具・絵画などの出張鑑定買取は福岡太宰府の玄燈舎にご相談ください。福岡・久留米・北九州・糟屋・宗像・太宰府・筑紫野・大野城・春日・朝倉・飯塚他無料出張鑑定致します

■ 蜂図の目貫買取ました!骨董品/福岡

 

■こんにちは。骨董品買取の福岡玄燈舎です。今回の出張買取は福岡市城南区の刀コレクターのお宅です。
ここでは断捨離の一環でを200枚、目貫や縁頭などたくさんの武具をお預かりいたしました。
本日の骨董品紹介はその一つで「蜂図の目貫」です。
この目貫は銘はありませんがかなり繊細に拵えた金工品です。
江戸期の物だそうですが状態もよくとても良いお品をお預かりいたしました。

目貫の意匠のなかでも、戦国武将達に最も好まれ、多く用いられていたのが、繁栄や幸福を意味する「吉祥文様」(きっしょうもんよう)の図柄。戦国武将達は、そのような意匠を自身の日本刀に装着することで、合戦の勝利や家の存続、発展といった願いを託していたのです。有名な目貫師としては江戸時代中期にあたる元禄頃に台頭した金工師「横谷宗珉」(よこやそうみん)は、江戸幕府のお抱えとしていわゆる「家彫り」(いえぼり)を行なっていた「後藤家」(ごとうけ)に対し、町人文化に繋がる「町彫り」(まちぼり)の租のひとりとして活躍しました。常識に囚われずに自由な作風を求め、絵画のように豪壮華麗な表現を得意とし、巷で人気を博しました。

骨董品買取の福岡玄燈舎では目貫や鍔、日本刀を買取致します。査定や見積もりだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100

★査定のポイント

●状態…汚れや変色の少ない目貫に高価買取で期待できます。
●作家銘や作品銘の有無…在銘や変わり図の目貫や鍔には高価買取が期待できます。
●その他… 金銀象眼入りの目貫は人気です

 

■買取品目

 

電話

■お問い合わせ方法

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00