福岡の骨董品や美術品の買取は福岡玄燈舎にお任せ下さい。骨董品・古美術品・アンティーク・掛軸・茶道具・書道具・おもちゃ・楽器・切手・武具・絵画などの出張鑑定買取は福岡太宰府の玄燈舎にご相談ください。福岡・久留米・北九州・糟屋・宗像・太宰府・筑紫野・大野城・春日・朝倉・飯塚他無料出張鑑定致します

■ 古銭買取ました!骨董品/福岡

 

■こんにちは骨董品買取の福岡玄燈舎です。今回の出張買取は福岡市早良区です。いつものように掛軸や茶道具、書道具を査定していましたが最後に見かけたのは古銭です。中国の古銭やヨーロッパ、日本など様々な古銭がある中、写真の紙幣は中華民国の台湾紙幣で「孫文」の顔が載っています。孫文について少しお話しいたします。

孫文(号は中山、字は逸仙)は、中国、清末・民国初期の革命家、政治家です。台湾では国父、中華人民共和国では革命の父と呼ばれていますが、その長い革命活動の中で、多くの日本人と関わりを持ち、数度の亡命も含めて何度も日本を訪れています。清朝を倒し、共和国の樹立を目指した革命家・孫文。辛亥革命を経て中華民国の建国を宣言、臨時大総統に就くが、皇帝の退位と引き換えに、清朝の実力者で北洋軍閥を率いる袁世凱にその地位を譲りました。その後、自ら皇帝となり帝政を復活させた袁世凱と対立し、袁亡き後は北洋軍閥との闘争に突入していきますが1924年11月、北洋軍閥の将校・馮玉祥(ふう・ぎょくしょう)らの要請を受け北京を目指すも、体調が急変。翌年3月12日、「革命いまだ成らず……」という言葉を遺して北京にて客死しました。

骨董品買取の福岡玄燈舎では古銭や切手を買取致します。査定や見積もりだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100

★査定のポイント

●状態…汚れや変色の少ない古銭に高価買取で期待できます。

●その他… 中国古銭は人気です

 

■買取品目

 

電話

■お問い合わせ方法

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00