福岡の骨董品や美術品の買取は福岡玄燈舎にお任せ下さい。骨董品・古美術品・アンティーク・掛軸・茶道具・書道具・おもちゃ・楽器・切手・武具・絵画などの出張鑑定買取は福岡太宰府の玄燈舎にご相談ください。福岡・久留米・北九州・糟屋・宗像・太宰府・筑紫野・大野城・春日・朝倉・飯塚他無料出張鑑定致します

■ 常滑焼買取ました!骨董品/茶道具・福岡

 

■こんにちは骨董品買取の福岡玄燈舎です。今回の出張買取は福岡市早良区にて茶道具の買取をさせて頂きました。
茶碗や花瓶、鉄瓶や茶杓など上質なものも多かったですが写真の朱泥の煎茶道具もありました。
唐物の常滑焼朱泥急須です。
朱泥茶器買取
知多半島で窯を使ってやきものが作られるようになったのは平安時代末期のこと。半島にある丘陵地という丘陵地には、ほぼすべてに穴窯が築かれました。これらは知多半島古窯跡群と呼ばれ、その数は2000基とも3000基とも言われています。それらの穴窯では、山茶碗や山皿、壺が焼かれました。この当時、知多半島で作られていたやきものは「古常滑」と呼ばれています。
常滑焼の代名詞とも言える朱泥製品が焼かれるようになったのは、江戸時代後半のことでした。さらに明治時代に入ると機械が導入されるなど、技術の革新とともに、常滑焼はさらに発展していくこととなります。

骨董品買取の福岡玄燈舎では朱泥や紫泥の煎茶道具買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。

★査定のポイント

●状態…汚れや傷の少ない茶道具に高価買取で期待できます。
●作家銘や作品銘の有無…在銘や箱書きがある茶道具には高価買取が期待できます。
●その他… 唐物茶道具は人気です

 

■買取品目

 

電話

■お問い合わせ方法

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00