油絵の買取/骨董品・福岡
福岡市中央区より絵画や屏風、掛軸、書画などの査定依頼がありこの絵を買取致しました。
「日賀野兼一」さんの作品です。サンタが描かれている小さな可愛い絵です。茨城県水戸市出身で1969年生まれの日賀野兼一さんは、西洋絵画の技法でも、もっとも伝統的な技法の一つとして知られるテンペラ画の作家です。学生時代から数々の賞を受賞された日賀野さんは、早くから本格的な創作活動を開始され、以来、今年で42回を数える個展や各地で開かれる展覧会への出品、さらにレストラン、ミュージアムの壁画制作など精力的な作家活動を続けていらっしゃいます。

絵画買取
テンペラ画とは顔料を水だけで溶いた絵の具を使った「フレスコ画」に対し、画布にしっかりと定着させるための「定着材(接着剤)」として、生卵を顔料と混ぜ合わせた絵の具で描かれるものがテンペラ画と呼ばれています。テンペラとは、イタリア語で「混ぜ合わせる」ことを意味するtemperare(テンペラーレ)を語源とします。ボッティチェリが描いた「ヴィーナスの誕生」もテンペラ画の代表作の一つです。テンペラ画に使用される絵の具は、乾きが早く耐久性に優れるだけでなく、発色の美しさと、くっきりとした描線が特徴といわれます。
骨董品買取の福岡玄燈舎では絵画を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休 8:00~20:00